海外のおすすめグッズや面白い情報をお届けします。

FUNLOG

Hulu 海外TVドラマ

【Hulu】海外TVドラマ「ヤング・ポープ 美しき異端児」

投稿日:

9月1日から 【Hulu】で配信中の

海外TVドラマ「ヤング・ポープ 美しき異端児」

みなさんはご覧になりましたか?

ポープ(pope)は日本語で「教皇/法王」、つまりローマ教皇のことです。

日本人の私たちには馴染みのない

カトリック協会組織のトップ バチカン市国のローマ教皇

アメリカ人初 最年少、美しい容姿のローマ教皇

誕生するという架空のお話です。

そのローマ法教皇役が ジュード・ロウです。

最初 タイトルとローマ教皇の服を

着たジュード・ロウの写真を見た方は

コメディ?サスペンス?と思われたのではないでしょうか?

私も このドラマの巨大ポスターを春にラスベガスで見たときは、

すごい面白そうなコメディドラマが来た!

とおもいましたが…

内容は、実に真面目でカトリック教会や

バチカン、そして信仰の物語でした。

あまり 日本人からはカトリックや

他宗教の映画を見ても 思いや情報がないため

どこが ファンタジーなのか、現実的なのか

分かり難ところもありますが、

アメリカなどのカトリックのご家庭などでは

十字架や ローマ教皇の写真が家に飾られていたり、

ローマ法王の存在は神聖で大きなものです。

またバチカン市国はヴェールに包まれた部分も多く

その謎めいた ローマ法王の世界を垣間見れます。

ジュード・ロウ演じる若き教皇ピウス13世が

カトリック教会という組織のトップとして強大な権力を手にし、

抜け目なく、純粋で 古風でかつ現代的、石が硬く、皮肉屋

傷ついているのに、冷酷。という矛盾と孤独、神の存在を

探し求め葛藤するという物語。

ストーリーは重いながらも

豪華でスケールで謎に包まれたバチカンの世界と

美しい容姿のジュード・ロウがローブ姿で

実大な権力と神について苦悩する姿は

どんどん引き込まれる世界観です。

ジュード・ロウ演じるき教皇ピウス13世は

悪なのか善なのか、偽善者なのか真の聖人なのか

見ている方も考えさせられ,

なかなか 見応えのある

ストーリー展開となっています。

そして 美しい容姿のジュード・ロウにうっとりする映画です。

尼姿のダイアン・キートンなど 豪華なキャストも見どころです。

 

●タイトル●
「ヤング・ポープ 美しき異端児」

●原題●
The Young Pope

 

●ジャンル●
ファンタジー

●脚本・監督●
パオロ・ソレンティーノ

第86回アカデミー賞の最優秀外国語映画賞に輝いた『グレート・ビューティー/追憶のローマ』

●視聴可能サイト●
9月1日より【Hulu】配信中

●制作●
アメリカ イタリア フランスの共同制作

●言語●
英語

●エピソード●
エピソード1〜エピソード10

 

-Hulu, 海外TVドラマ

Copyright© FUNLOG , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.